他人のプロフィールをみんなで好き勝手に編集できるプロフィールサイト「 Watakusi 」をローンチしました

tl; dr

昨日の夜、他人のプロフィールをScrapboxみたいなノリで編集できるWebアプリケーションを公開しました。

Scrapboxみたいなノリ」とは言いつつも複数人同時編集とか現状は対応していなくてアレなんですが、思ったより好評で、結果的にfirebaseの有償プランを契約することにまでなりました。嬉しい限りです。

ぜひ使ってみてください。よろしくお願いします。

Watakusiができるまで

この記事には本来技術的に頑張ったことなどを書くつもりだったんですが、ちょっと路線変更してどうしてこのサービスを作ろうと思ったかについて書こうと思います。技術的なところは複数人同時編集やアーカイブページのSSRなどに対応したら書こうと思います。

イデア

ここ1ヶ月くらい、何か作って公開するなら今は比較的時間があるし絶好のチャンスだなと考えていて、アルバイトの通勤途中に考えた色々なアイデアを帰ってからA4のコピー紙に書き殴る日々を送っていました。(一時期はその場でGoogle Keepに書いておいたりもしたんですが、忘れちゃうくらいなら大した発想じゃないやろという自己啓発書にありがちな考えからやらなくなりました。)

f:id:E_ntyo:20190120180612j:plain
地球の限りある資源を大切に

  • ピンクちゃんねるに代わる、えっちな話題で盛り上がるための場所
  • WebGLを使って、nanoblockをブラウザでシミュレーションできるようにするツール
  • 「折りたたんで小さくできるトートバッグ」みたいな、普通に使っても便利でかつ原価もかからなさそうなアイテムを使ったSUZURIみたいなサービス

など色々と出てきて、そもそも没になったものもあれば途中まで作ってイケてないなと思うものもありました。この活動の一番最後にポンと出てきたのがWatakusiだったというただそれだけです。

実装

思いついた時、これはいいアイデアだなと我ながらに思ってニチャついていました。だから作っている途中で同じようなことを他の人にやられたら嫌だなと思って、とにかく早く出そうとめちゃめちゃ雑な実装で作って公開したら案の定盛大にバグってしまいました。今はあらかた直したつもりですが未だに不具合が残っていて心の底から後悔しています。

早く作るために、Firebaseを使いました。使う度に便利になっていてしかも無料なので、本当にすごいなと思います。バイト後や土日の休みを使ってだいたい10日くらいで作りました。

もう本当に早く出したくて、faviconもElectron製の簡易ロゴ作成ツールみたいなものを発見してそれで10分くらいでつくりました。今見返したらDotgridという名前でした。

f:id:E_ntyo:20190120180336p:plain
ロゴデザイン

途中誰かにアイデアを話してブラッシュアップしようかなとか、仲の良いオタクでアルファリリースとかやろうかなとか思ったんですが、絶対にパクられたくなかったのでやりませんでした(やるべきでした)。

あと、Twitterを見ないようにしました。プログラマとしてもアイデア太郎としても自分よりすごい人がいっぱいいるので、「俺がやらなくてもこの人たちだけで事足りるじゃん」となりそうだったので。それにもうTwitterはマウンティングと誰かの批判で溢れかえっていて、創作の時間をそういうのを見ることに奪われたくないなと思っていました。この判断だけは正解だったなと思います。結果バグりましたが。

おわりに

以上になります。ほとんどはてなユーザさんへの告知目的で書いたので中身がスカスカですみません。

繰り返しになりますが、 https://watakusi.info をよろしくお願いいたします。

www.watakusi.info

tweet2img.web.app を使ってネットアート作品をつくりました

tl;dr

大学のメディアアートをつくろう!みたいな授業でつくった作品を紹介します。こちらです。

近くで見てみないとよくわからないと思うので現物を見てみてください。今日と明日のお昼から18:00くらいまでの間、筑波大学春日キャンパス7B棟206教室で展示されています。他の学生の作品や、担当教員である落合陽一先生の作品もあってにぎやかです。

ネットアート

私はメディアアートを作ったことがなかったので、まずメディアアートとは何ぞやというのを掴むために好きなメディアアート作品を100個見つける作業をしました。

hackmd.io

この作業の過程で、自分は http://exonemo.com/works/http://0100101110101101.org/works/ に代表されるネットアートという芸術領域に興味があるのだということがわかりました。多分インターネットオタクだからだと思います。   私はちょうどその頃「バズった/面白いツイートをテンプレ化して、その流行りに便乗して自分の言いたいことを言う風潮」が気に入らなくて謎のフラストレーションが溜まっていたところだったので、これを題材にしようと思い立ちました。

どう作ったか 

ちょうど tweet2img.web.app というツイートのきれいなスクショ画像を生成するやつをつくっていたので、これを使ってツイートを物理的な媒介で表現することは先に決めました。

あとは指導教員と相談して「便乗感」のあるミディアムを決めて適当に並べました。候補として第三のビールとかラーメン二郎っぽいコンビニのラーメンとか色々出たのですが、ツイートをステッカーにしてそういう製品のラベル部分に直接貼れたらいいよねということで、ツイートのステッカーをつくりました。

f:id:E_ntyo:20190810124914j:plain
なんだこれ
f:id:E_ntyo:20190810124925j:plain
これはなに?
f:id:E_ntyo:20190810124937j:plain
なんですか?これ

さいごに

便乗ツイートの「便乗して作ったもののオリジナルよりクオリティが落ちている」ところが伝われば幸いです。展示会にきてね!

近況

大学の試験が一段落したので近況報告を。まだ提出課題が山のように残っているのは秘密である。

1. AnyGma リリース

"お気持ちを共有するためのテキストサイト"であるところの"AnyGma"というテキストサイトを大学の人たちとつくった。

動機は、大学の課題でWebサービスを作らないといけなかったから。ふとオタクがいわゆる「お気持ち」をbase64エンコーディングしたテキストをツイートをしていたことを思い出して(オタクだから陰湿なのだろう)、

twitter.com

これについて、「お気持ちツイートをする専用の場所」があってもいいんじゃないかと思ってつくった。お気持ちツイートにはパスワードを設定して知っている人しか読めないようにしてみた。鍵垢でオタクにパスワードと投稿URLを共有して、「フォロワー(お前ら)のフォロワーまでになら共有していいよ」みたいな使い方ができたら便利かなと思って。

使い勝手(投稿ごとにパスワード覚えるのだるくない?)とかセキュリティ(パスワード総当りで破られたりしない?)のこととか全く考えてないけれど、使ってくれる人がいたらそのへんは改善するのでよければ使ってみてほしい。無料で広告なし。

技術的に面白かったのは、「質問箱」とか「DAICON」みたいにお気持ち(投稿の本文)の画像プレビューがog:imageに設定されたら面白いなと思って実装してみたところ。テキスト→画像のアプローチは色々あると思うんだけれど、今回はGCPのCloud Functionsで動かさなきゃいけなくて wkhtmltoimage が使えなかったこととか色々あって以下のやり方になった。

  1. お気持ち本文のテキストをHTML+CSSで書かれたテンプレート(質問箱では本文の周りを囲っている外枠の部分とテキスト本文が入る内側の部分から構成されている)に埋め込む
  2. そのHTMLファイルを puppeteer でレンダリングしてスクリーンショットを撮る

地獄みたいなやり方である。何が地獄かというとchromiumが起動したりHTMLをレンダリングしたりするので鬼のように遅いところ。まあまともに使われるようになったらベターなやり方を考えることにする。

2. Togetter Clip! リリース

前回の近況報告でも触れていたが、4月から新しいバイトを始めた。

togetter.com

業務の一つとして、Togetterでまとめをつくる作業を便利にするChrome拡張をリリースした。ツイートのURL取得をシュッとできるようにするツールである。このブログにツイートを貼り付けるときも使ったが、本当に便利なのでぜひ使ってほしい。

togetter.com

3. サブカル

忙しいとは言いつつもちゃっかりライブハウスには足を運んでいて、前回の近況報告後、蘇我ロキノン系フェス、今年30周年の東京スカパラダイスオーケストラのワンマン2公演、KEMURIのツアー1公演に行った。

KEMURIのツアーの対バンがSHADOWSで、終演後にHiroさんが物販の端っこの方に何とも言えない表情をしながら体育座りで座っていて、それが本当に印象的で今もずっと脳味噌に焼き付いている(怖くて話しかけられなかった)。今までフェス(最後のWarped Japanだった気がする)とか対バンでしか見たことがなかったので今度ワンマンに行こうと思う。

近況

  • 大学に入学した

    • 前の大学の三年生から年度をまたいで今の大学の三年生になったため、1年遅れになっている
    • キャンパスが静かで人口密度が低いところがイイです
    • 他学類の講義でSchemeを教わったりできてうれしいです
    • 近くに飯屋がないことが悩みです
  • LÄ-PPISCHを聴いている

  • fp-tsを使って、大学のポータルサイトから休校情報をスクレイピングしてメール通知するbotをつくった

    • モナドへの理解を深めたい気持ちがずっとあって、自分以外の人が書いたWeb上の記事を読んでそこに書いてあったHaskellのサンプルコードを動かしてみたりしたけれど、難しいやつだといまいちピンと来なくて、「いきなりHaskellをやるから未知の概念がコードにたくさん出てきてわからないのであって、手に馴染んだプログラミング言語モナドが表現されていたら少しはわかりやすいのでは」という発想から最近はfp-tsを使っている
    • fp-tsに慣れてきたらまたPureScriptにもどって何かをつくりたい
  • 新しいバイトをはじめた

    • これで新しいバイト先が決まった(ありがとうございます)
    • 待遇(家のこととか)はまだハッキリ決まっていないので、ハッキリしたら公開します
      • それまで社名も伏せておきます
    • 仕事は楽しくて、もうデプロイさせていただいた機能もあります

半年間のフリーター生活

tl; dr

  • 半年間のフリーターとしての最高の生活が終わり、大学生になります
    • 大学の近くの居住地を探しています、よろしくお願いします

TypeScriptを書くので、茨城県つくば市周辺に住まわせてください!!! · GitHub

半年間のフリーター生活はどうでしたか?

バラ色の日々でした。いっぱい遊びました。これが俺の人生の夏休みやという感じでした。

www.youtube.com

半年間で何をしましたか?

  • 株式会社カブクで働いていました

    • 既存のAngularアプリケーションに手を入れることが主な業務でした

      • Angular 4.xのプロジェクトを6.xに移行して、そのやり方を会社のブログにまとめました
      • ↑とは別のプロジェクトで、Angular 7.xのアプリケーションの開発をしていました
    • カブクでは、リモートで今後もしばらく仕事を続けるつもりです

    • カブクはプログラマにとって本当に良い会社だと思います

      • インターン(アルバイト)として働く上で、業務内容的にも業務時間的にも比較的自由にやらせてもらえました
      • いわゆるスタープログラマというか、憧れのあの人と仕事ができる!が叶いました
      • 開発合宿に連れて行ってもらいました
      • 技術書の購入申請が可能でした
      • コードがかなり健全で、ライブラリ・フレームワークのバージョンも新しく、快適に開発できました
      • メカ系の方も含め(カブクは製造業xITの会社なので)、社員のエンジニア率が高く居心地が良かったです
  • PureScriptで既存のAngularアプリケーションを書き直して、そこでわかったことなどについてHTML5 Conference 2018で発表しました

  • WatakusiというWebサービスをローンチしました

    • 少しずつですが、時間を見つけて改善しています。複数人同時編集はもう少し待ってください 🙇
    • Twitterアカウントをつくったので、よければフォローしてください twitter.com

これから(入学後)の予定は?

とにかく金と居住地を手に入れるために動こうと思います。

さいごに

入学祝い(と大学の近くの居住地)をお待ちしております。

www.amazon.co.jp

他人のプロフィールをみんなで好き勝手に編集できるプロフィールサイト「 Watakusi 」をローンチしました

tl; dr

昨日の夜、他人のプロフィールをScrapboxみたいなノリで編集できるWebアプリケーションを公開しました。

Scrapboxみたいなノリ」とは言いつつも複数人同時編集とか現状は対応していなくてアレなんですが、思ったより好評で、結果的にfirebaseの有償プランを契約することにまでなりました。嬉しい限りです。

ぜひ使ってみてください。よろしくお願いします。

Watakusiができるまで

この記事には本来技術的に頑張ったことなどを書くつもりだったんですが、ちょっと路線変更してどうしてこのサービスを作ろうと思ったかについて書こうと思います。技術的なところは複数人同時編集やアーカイブページのSSRなどに対応したら書こうと思います。

イデア

ここ1ヶ月くらい、何か作って公開するなら今は比較的時間があるし絶好のチャンスだなと考えていて、アルバイトの通勤途中に考えた色々なアイデアを帰ってからA4のコピー紙に書き殴る日々を送っていました。(一時期はその場でGoogle Keepに書いておいたりもしたんですが、忘れちゃうくらいなら大した発想じゃないやろという自己啓発書にありがちな考えからやらなくなりました。)

f:id:E_ntyo:20190120180612j:plain
地球の限りある資源を大切に

  • ピンクちゃんねるに代わる、えっちな話題で盛り上がるための場所
  • WebGLを使って、nanoblockをブラウザでシミュレーションできるようにするツール
  • 「折りたたんで小さくできるトートバッグ」みたいな、普通に使っても便利でかつ原価もかからなさそうなアイテムを使ったSUZURIみたいなサービス

など色々と出てきて、そもそも没になったものもあれば途中まで作ってイケてないなと思うものもありました。この活動の一番最後にポンと出てきたのがWatakusiだったというただそれだけです。

実装

思いついた時、これはいいアイデアだなと我ながらに思ってニチャついていました。だから作っている途中で同じようなことを他の人にやられたら嫌だなと思って、とにかく早く出そうとめちゃめちゃ雑な実装で作って公開したら案の定盛大にバグってしまいました。今はあらかた直したつもりですが未だに不具合が残っていて心の底から後悔しています。

早く作るために、Firebaseを使いました。使う度に便利になっていてしかも無料なので、本当にすごいなと思います。バイト後や土日の休みを使ってだいたい10日くらいで作りました。

もう本当に早く出したくて、faviconもElectron製の簡易ロゴ作成ツールみたいなものを発見してそれで10分くらいでつくりました。今見返したらDotgridという名前でした。

f:id:E_ntyo:20190120180336p:plain
ロゴデザイン

途中誰かにアイデアを話してブラッシュアップしようかなとか、仲の良いオタクでアルファリリースとかやろうかなとか思ったんですが、絶対にパクられたくなかったのでやりませんでした(やるべきでした)。

あと、Twitterを見ないようにしました。プログラマとしてもアイデア太郎としても自分よりすごい人がいっぱいいるので、「俺がやらなくてもこの人たちだけで事足りるじゃん」となりそうだったので。それにもうTwitterはマウンティングと誰かの批判で溢れかえっていて、創作の時間をそういうのを見ることに奪われたくないなと思っていました。この判断だけは正解だったなと思います。結果バグりましたが。

おわりに

以上になります。ほとんどはてなユーザさんへの告知目的で書いたので中身がスカスカですみません。

繰り返しになりますが、 https://watakusi.info をよろしくお願いいたします。

www.watakusi.info

「?でわっしょい」してきたぞ - はてなインターン2018参加記 -

?でわっしょい

?でわっしょい

「超ひだまつり」以外でひだまりスケッチの話をたくさんしたこと。同い年のオタクとあっちこっちの話で盛り上がったこと。毎日ホテルの自室に誰かが来ていて、中学校の修学旅行の時のようなテンションが1ヶ月続いたこと。タイトなスケジュールでWebアプリケーションのコードを書きまくったこと。毎日のように美味い酒を飲み、飯を食べたこと。いろいろなことが新鮮で、あっという間に過ぎていった1ヶ月だった。

応募

フォロワーの id:spring_raining さんや id:upamune さんの記事を読んでいたので、4月あたりから今年ははてなインターンに応募しようと決めていた。ので、募集が始まってすぐに応募した。rot13のデコーダを書くように言われたため爆速で書いて出した

その後審査にパスして面談へ進み、東京オフィスで id:motemen さんと30分くらい話をした。motemenさんは部屋へ入るとすぐ僕の顔を見て「Monad in TypeScript の人ですよね?」とおっしゃった。はてなのCTOに自分の書いた記事が読まれているということが衝撃的で、この経験はいまだにモチベーションになっている。

面談の結果、無事に参加できることになった。普段お世話になっているインターン先にはお休みを頂戴し、千葉から新幹線で京都へと向かった。

初日

初日はアイスブレイクの日だった。各自がLT形式で自己紹介をしていった。id:YaaMaa さんの自己紹介が最高だった。

前半課程

はてなインターンは前半過程と後半過程に分かれており、前半過程では「はてなダイアリー」を模した日記のWebアプリケーションの開発を通していろいろな知見を得ることができた。講義・演習形式で全インターン生が共通のカリキュラムをこなし、各回の演習にはコードレビューや講評を通じて丁寧なフィードバックが返ってきた。

前半過程は今年からカリキュラムが刷新されたらしく、Perl & Scalaだった内容がGo & TypeScriptな内容になっていた。個人的にはPerlを書いたことがなかったため、今年からのカリキュラムのほうがスムーズに進めることができてよかったと思う。(逆にPerl & Scalaだったらそれはそれで勉強になったとは思う。)

Webアプリケーション開発と一言で言っても、GraphQL API, Session + Cookieによる認証, React.js + TypeScriptによるSPA開発, AWS(中の人が来て、ECSとかFargateの使い方を教えてくれた), 機械学習入門(はてブのコメントに対して悪意のあるコメントかどうかを判定する単純パーセプトロンを実装した)と本当に幅広い内容だった。各回の講義はそれぞれ別のエンジニアが担当されていて、人によって教え方や考え方に色があって面白かった。

前半過程を振り返ると、自分がカバーできている知識の範囲というか、基礎力がまだ足りていなかったなと実感した(この点は最終日の面談で id:motemen さんにも指摘していただいた )。特にデータベースと認証周りの知見が足りないので、時間がある学生のうちに手を動かして理解を深めておきたい。あとは講義では触れられなかったけれどWebサーバの設定(ネットワーク周りとかキャッシュとか)もある程度知っておきたいなという気持ちになった。次のISUCONに出ることにしたのでそこでまとめてキャッチアップしたい…

後半過程

後半過程では1~2人ずつ5つのチームに配属され、チームごとに機能追加や改善等のタスクに取り掛かった。私ははてなブログの開発をしてみたくてコンテンツプラットフォームを志望したが、ブログチームは忙しく受け入れができなくなり、僕の配属先は今年から新設された社長コース(特命!社長とWebサービス開発コース)になった。相方は id:turtar_fms だった。

社長コースは、はてなの代表の id:chris4403 さんとCTOの id:motemen さんと一緒に新規サービスを作っていこうというコースだった(超豪華!)。新規サービス開発ということで他チームよりも圧倒的にインターン生の裁量があり、自分たちの作りたいものをお二人の超強力なサポートのもと開発していく、という流れだった。

今回は"はてな匿名ダイアリーのいい話"というAlexa Skill(AmazonスマートスピーカーAlexaのアプリ)と"無常はてな"というWebサービスの2つを企画・開発した。

はてな匿名ダイアリーのいい話

はてな匿名ダイアリーに投稿された記事のうち、いい話をAlexaが読み上げてくれるというAlexa Skillを開発した。現在ストアに申請中でもうすぐ公開予定(4回くらいリジェクトされた)。 リリースされました!!!

labo.hatenastaff.com

gigazineさんに取り上げられました!しかも利用例の動画つき!!!

gigazine.net

youtu.be

朝起きてすぐや寝る前など、好きなタイミングで「いい話だな…」という気持ちになることができる。いい話の取得にははてなブックマークでつけられたタグ・ジャンルなどのメタデータを利用した。

工夫したのはいい話のフィルタリングで、いい話かどうかというのは官能評価なので判別が難しい。機械学習を使っても良さそうだったけれど時間がかかりそうなのでやめた。今回は夜寝る前に聞きたいタイプのいい話に絞ることにして、特定のジャンル・タグの投稿( 男女 タグはドロドロしていてつらいのでやめる等)や、極端に文字数が長い/短い投稿は切り捨てるようにした。

Amazonスマートスピーカーということで、AWS Lambdaでシュッと書くことができた。全体の構成はこんな感じ。

f:id:E_ntyo:20180907184546p:plain
はてな匿名ダイアリーのいい話」の裏側

無常はてな

無常はてなは、id:turtar_fms が土曜日の朝4時に投稿したジャストアイデアのリスト(のちに 遺言 と呼ばれる)から産まれたWebサービスインターン最終日に社内リリースをした。重要な機能がいくつか実装できず外部向けにリリースするには至らなかったのが悔しい。

f:id:E_ntyo:20180907181211p:plain
遺言

ユーザ投稿型のWebサービスで、特徴はこうだ。

  1. 投稿の検索ができず、トップページに投稿がランダムで数件表示される
  2. トップページで出会った投稿は共有用URLを発行することができるが、そのURLは5分で失効する。ただし、共有用URLのページから再度その投稿を共有することができる。

f:id:E_ntyo:20180907183458p:plain
トップページ

f:id:E_ntyo:20180907183734p:plain
投稿の全文を確認できる画面。リロードすると読めなくなる。

f:id:E_ntyo:20180907183836p:plain
記事をシェアしてから5分経つと読めなくなる

読む側は、面白い記事が話題になると「消えちゃうから早く読まなきゃ」となり、書く方は「5分で消える」という制約のもとでいかに多くのインプレッションを得られるかというゲームを楽しむことができる。

id:motemen さんと相談して GAE/Go環境で作ることにした。フロントエンドは前半過程でReact.js + TypeScriptの構成を触ったのでそれを採用した。状態管理はrxjsで実装した。デザインフレームワークにはTypeScript CompatibleなAnt Designを使った。

f:id:E_ntyo:20180907184350p:plain
無常はてなの裏側

最終日の今日は後半過程の成果を発表し、社員の投票でランク付けがされた。社長コースは4位(5チーム中)だった。せめてどちらか一方でもリリースできていれば…

待遇

往復の交通費,1ヶ月のホテル代,ホテルでの朝食, オフィスランチが提供される。最高!夜は頻繁に飲み会に連れて行かれるため夕飯代も浮く…!

京都観光企画や id:onishi さん, id:chris4403 さんと飲みに行く会なんかもあって、楽しくて時間があっという間に過ぎてしまう。

所感

はてなインターン、噂には聞いていたけれど最高だった。id:motemen さんが初日に「インターネットへ還元するつもりでインターンをやっている」と仰っていたが、まさにそのとおりだと思う。講義の準備や教材の用意など、社員が結構な時間を使って準備をしていた様子が伺えたし、社内の雰囲気からインターン生への愛みたいなものも感じた。こんなにいたれり尽くせりなインターンは初めてだった。

以下はインターン生&社員さんへのメッセージです。本当にお世話になりました!!!

  • id:motemen マジで格好良かったです。自分が詰まっているところをVSCodeのLive Shareでササッと編集していって自分の仕事に戻っていった時はビリビリシビれました。最終日の懇親会中に黙々と無常はてなにコミットしてくれていたのも格好良かったです。Suzuriで売っているTシャツが比較的リーズナブルなのも格好良かったです。買いました。本当にお世話になりました。

  • id:chris4403 ほたて(成果発表の投票をするときに使った社内ツール)で謝辞を書いていなくてすみませんでした許してください。エンジニアとして未熟な僕と id:turtar_fms を冷静な視点で支え、軌道修正してもらえてとても助かりました。またB'zの話をしたいです。烏丸FM(社内Podcast)にもまた呼んでください!お世話になりました!

  • id:albacore 神崎蘭子。ホテルの部屋のテレビのリモコンを返してくれ。トランプとUNOとワインを持って帰ってくれ。俺をLGTMカメラで撮って勝手にツイートしないでくれ。君が毎日部屋に押しかけるせいでとても迷惑でした。でも楽しかった。

  • id:NoahOrberg アユニ・D。女性関係で黒歴史がある(俺もある)。Goが好き。よく部屋に来ていたけれど id:albacore より行儀が良かった。メ社のインターンも頑張ってくれ!

  • id:mizdra 日向 縁。React.jsとWASM。俺とサブカルの趣味が一緒な気がする…東京の大学に通っているのでまたすぐ会える気がする!体調に気をつけて!!!

  • id:turtar_fms 野々原ゆずこ。御庭つみき。相棒。普段はメディアプログラミングで素敵な作品をたくさん作っている。Alexaのインタラクション周りや無常はてなのデザイン周りを特に頑張ってくれた。清潔感があるイケメンなので絶対にモテる気がする。

  • id:YaaMaa 服部平次。前半課題のクオリティが毎回すごくて(丁寧で)スゲーと思った。最終発表でも id:mizdra が病欠の中ちゃんと発表していてすごかった。よく寝ている。

  • id:gazimum なんか失礼なことばかり言ってしまってすみませんすごく尊敬しています!!!大学でもよろしくお願いします!!!!!最後の発表での受賞コメントが格好良かったです!

  • id:guni1192 いつもツッコミ役をさせてしまってすみませんでした…東京へ来た時は酒飲もうな!!

  • id:cohalz 大学の先輩。たくさんご飯をごちそうになりました…ありがとうございます!就業後によく絡みに来てくださって嬉しかったです。ありがとうございました!!

  • id:hitode909 とにかく会話が上手でめちゃめちゃ面白かったです。ステッカーをたくさんもらえて嬉しかったです。発表にもたくさん質問をくれてありがたかった。

  • id:susisu 大宮忍。Kyoto.なんか #4でBuckle Scriptの話をしていてスゲー!!!となりました。実はブログをよく読んでいます。

  • id:riko 素敵な講義&講評をありがとうございました。インターンでユーザコミュニティについて学んだのは初めてで非常に有意義だったと思っています。懇親会でも無常はてなについて色々意見を頂けて嬉しかったです。

  • id:onishi 個人的に一番好きな講義でした。ビールを飲むのが早くて格好良かったです。カラオケに行けなくて残念でした。

  • id:Hasesann 2つのサービス両方に、本当に最高なアイコンとロゴを提供してもらいました。髪色とかネクタイ+シャツのファッションが素敵でした。機会があればまた最高なコンテンツをつくってください!!!お願いします!!!!!

他のインターン生の記事

albacore.hateblo.jp

tomoyaf.hatenablog.com

yaamaa-memo.hatenablog.com

↓同じチームの id:turtar_fms の記事

turtar-fms.hatenablog.com

noahorberg.hatenablog.com

www.mizdra.net

guni1192.hatenablog.com

社長の記事

chris4403.hateblo.jp

まんがタイムきららの学級文庫を作った話

この記事は、まんがタイムきらら Advent Calendar 2016の21日目の記事です!

高校時代に

を毎月購入し(年度の途中からだったので定期購読ではなかった)、クラスのロッカーに置いて同級生と回し読みしていたころの話をします。

きっかけ

「好きなきらら作品の最新話を読みたいし、これはアニメ化するべ!っていういいきらら作品を発掘したいんだけれど、出てる月刊誌全部毎月買うのもな」というオタクがクラスにそこそこいました。(高校生でお金がそんなになかった)

オタクが海外の通販でギークなグッズ買うときにみんなでまとめて買うのと同じノリ(乃莉)(激寒)で、共同出資をすることになりました。

やってみて

全種とか言ってるんですが、きららフォワードはみんな読まないのでやめました。

入試前くらいに自然消滅しました。

やってみて - よかったこと

  • 当初の予想通りいい感じの作品を発掘できました。
  • 付録をゲットできた。(きららキャラット10周年記念はがきセットなど)
  • プレゼント企画に応募できました。(当たったオタクもいました。)
  • オタクに笑顔が増えました。
  • きらら系月刊誌が揃っていく様が見事でした。コレクションオタクになりました。

やってみて - 残念だったこと

  • 結局みんな自分の好きな作品をチェックするだけになっていきました(僕もそうだった)。
    • 結果、ステラのまほうのアニメ化を予想できたオタクはいませんでした。
    • NEW GAME!はそもそもあまり好きなオタクがおらず、まあ単行本売れてたしうんという気持ちでした。

まとめ

割と有益な取り組みだったので、ラボやサークルの皆さんとやってみてはいかがでしょうか。